フランチャイズとは

フランチャイズは商売を始める際の形態の1つともいえます。
その内容として商売者が事業者から様々な権利やサポートを受け取ることができる商売形態といえばいいでしょう。
権利を与えサポートをする側をフランチャイザー、そのサポートを受けて販売店を展開することができるフランチャイジー、この2つの関係からなるものです。


フランチャイザーは契約をした後、そのフランチャイジー側が販売店を経営していくために様々な権利とサポートを与えます。
例えばとあるコンビニ店があったとし、フランチャイザーがそのコンビニ店であれば、フランチャイジーはそのコンビニの名前を利用して店を経営していくことができます。
それ以外にも経営のノウハウや資材も提供をすることになります。
フランチャイジーはそれらのサポートを受けて経営していき、一定の時期ごとにフランチャイザーに加盟金やロイヤルティを支払うことになります。


今ではどこにでもコンビニがありますが、特にそのコンビニが一番このフランチャイズというシステムを利用しています。
それだけでなくファーストフードやファミリーレストランも同様です。
普段見ているそれらの店舗が実はフランチャイズによって経営されているものであるとは珍しくはないものとなっています。


しかし、これだけ見れば具体的にどのようなメリットとデメリットがあるかは分かりづらいでしょう。
ではこのフランチャイズを利用することによるメリットとデメリットは何でしょうか?その歴史と共に見ていきましょう。


≪特選サイト≫
貴金属買取ビジネスのフランチャイズ加盟店を募集しているえびすやのサイトです => フランチャイズ 加盟